アーティフィシャルフラワー教室 【グループ制】

アーティフィシャルフラワー教室を探していたら、大体の教室では
1回のレッスンが5名くらいまでの、少人数制をとっていることがわかってきました。
多くても5名くらいまでなら、落ち着いた雰囲気で集中できそうですね。

教室によっては、少人数制とは違い、グループレッスンを行っているところもあるそうです。
少人数制は、完全予約制の、多くても5名ほどまでなのに対して
グループレッスンは、何人か集まったら、と言う感じで人数制限は特にないようです。

それに通常のアーティフィシャルフラワー教室の空き時間を利用して、
グループレッスンというスタイルを取るところが多いようです。

アーティフィシャルフラワー教室に正式に通うのはまだ迷いがあるけど
もっと少ない回数で、気の合う友達と、都合が合った時にだけ習いたい時なんていいですよね。

アーティフィシャルフラワー教室まで通うにはちょっと遠い方には出張もしてくれるそうなのでぴったりですね。
それに、お友達を集めて、グループでのレッスンなら、楽しそう!

用途や、スケジュールに合わせて、臨機応変な対応がして貰えるほか
レッスン料は、材料費やお花代込みで、3500円~5000円程度だそうです。
とっても良心的ですね。詳細はアーティシャルフラワーとは?で説明しています。

アーティフィシャルフラワー教室 【1DAYレッスン】

アーティフィシャルフラワーって、思ったよりもたくさんのスクールがあって
インターネットで見てるだけでも、すごくキレイですね。
和風にアレンジしたものなんて、センスいい!って感じがします(笑)

アーティフィシャルフラワーをもっと身近なものにしたいから習いたいけど
まずは、短い期間のレッスン、特に1DAYレッスンなんていいな~って思ってます。

1DAYレッスンなら、そのプランの名前通り、1日でレッスンが完結するから
ざっくりと、大まかなアーティフィシャルフラワーの魅力も体験できると思うんです。

内容も選べるスクールがあるそうなので、自分の作ってみたいジャンルのレッスンを
比較しながら選べるのもいいですね。

また、1DAYレッスンの中には、アーティフィシャルフラワーを使った独立開業についてのレッスンもあって
実店舗や、スクール運営、ネットショップの運営、その他配送やラッピングについてもレッスンが出来るそうです。

作品を作るばかりではなく、関連した内容でも1DAYレッスンがあるとは、驚きました。
1DAYレッスンは、1日だけのレッスンなので気軽に参加できて
内容が思っていたよりも、ぎゅっと凝縮されていて、とっても勉強になっていいですよね。

アーティフィシャルフラワー教室 【教室の雰囲気】

最近、アーティフィシャルフラワーっていうの、気になっているんです。
アーティフィシャルフラワーって、生花のように見えるくらいに作られた花のことなんです。
つまり、作られた花だから、美しさも長持ちするし、生花ではちょっと難しいデザインにもトライできるらしいんです。

そんなアーティフィシャルフラワーがすっごく気になるので
できれば教室に通いたいな~と思ってるんですけど、自分が思ってたよりたくさんの教室があるみたいなんですよ。
どこの教室にしようか、迷っちゃいますよね。

いざ、どこにしようか考えた時って、教室の雰囲気とか気になりませんか?
個人的には、出来れば少人数制で、プライベートレッスン可能なところがいいな~と思ってます。
こういう条件を満たすとなると、完全予約制になりそうでしょうか?

でも、完全予約制の方が、親切丁寧な指導が受けられそうな気もしますね。
マンツーマンではないけれど、細部まで見てもらえそうです。

それに、わたしと同じような条件で通う生徒さんと、お友達になれたら嬉しいな。
そういう生徒さん同士の交流も、期待してしまいます。

アーティフィシャルフラワーに囲まれて、癒される時間を共有できるスペース
そんな雰囲気を想像して、期待しています。

アーティフィシャルフラワー教室 【男性歓迎】

アーティフィシャルフラワー教室の中には、メンズ向けのレッスンを開講しているところがありますね。
アーティフィシャルフラワー教室というと華やかなイメージがほとんどですが
シックで、男性ならではの大胆な配色や、デザインなどに触れることができるそうです。

どんな女性も、男性から花を贈られるととっても嬉しいですよね。
そのプレゼントのために、レッスンを受けていたなんて、さらに嬉しくなりますね。

メンズ向けのレッスンの内容は、ほとんどの場合、女性向けの内容と変わらないようですが
時間帯や、男性のみのレッスンなど、男性が通いやすいような配慮を感じます。

またスクールによっては、夫婦やカップルでの参加も可能な場合があり
共通の趣味、共通の習い事などとしても人気があるそうですよ。
カップルでアーティフィシャルフラワー教室に通うなんて、本当にステキですよね。
見ているだけでも微笑ましいです。

メンズ向けのレッスンは比較的多く開講しているので
雰囲気や、レッスン内容、通う教室の場所や、料金など
自分にしっくりくるようなところを選びたいですね。

生花でもアーティフィシャルフラワーでも、花のある生活は気持ちが優しくなりますよ。
個人的にもお勧めです。

高価なアーティフィシャルフラワー

高価なアーティフィシャルフラワーは、アレンジ一つの価格が10万円を超えることも。

しかしその美しさ、存在感は生花をしのぐことさえあります。

アーティフィシャルフラワーも本当に高価なものになると、花びらの一枚一枚から手作り(手作業)をして作られます。

非常に精巧な仕上がりが実現され、一見したところは生花と区別のつかない作品も珍しくありません。

例えば、バラには一輪に約30枚以上の花びらを使いますが、図案、型抜き、コテを当てる作業、花びらを貼り付ける工程のすべてが手作業で行われるので、高価になるのも頷けます。

完成品を見れば、その美しさにお値段以上の価値を見出す方も少なくないでしょう。

本物の生花と遜色のない美しさに加えて、たとえばウェディングのブーケなど、思い出の品として永久的に保存することができるのは大きな魅力ですね。

手作業で作られるアーティフィシャルフラワーは正真正銘のオーダーメードであり「世界に一つしかない」点にも価値があります。

一般的なブーケなら、小型のもで5000円程度で手に入るものもあります。

しかしオリジナル制作、一点モノをオーダーする場合には、納入までに3ヶ月、あるいは半年という期間を要することも。

高級ブランド品のバックを買えるような値段になることも珍しくありません。

Copyright (c) 2013 アーティフィシャルフラワーをリフォーム・リメイク【花器にこだわろう!】 All Rights Reserved.

-->